ドイツ留学CDC:メニュー

滞在−滞在方法

CDCではホストファミリーまたはルームシェア、寮、アパートメントからお選び頂けます。宿泊先は交通の便が良いところに位置しており、カール・デュイスベルク・センター各校に公共交通機関で簡単に通うことができます。

ホームステイまたはルームシェア

Wohnung_1_Gastfamilie 宿泊-イメージ図2-

ドイツ人ホスト(シングルまたはカップル、子供あり・なし)宅またはルームシェアで、 住み心地の良い家具付き1人部屋に滞在します。テレビとインターネット接続が提供される場合もあります。バスルームとキッチンは、共同で使います。滞在先に複数のゲストが住んでいる場合、同じ母国語を話す人が一緒にならないように配慮します。ご希望により、ホストファミリー宅では、朝食付きまたは2食付き(朝食と夕食)でお申し込み頂けます。

宿泊-イメージ図3-

寮では、他にない国際的な雰囲気を味わうことができます。シンプルで機能的な1人部屋と2人部屋があります。浴室(シャワー/トイレ)とキッチンは、共同利用となります。
ミュンヘンでは、寮とカール・デュイスベルク・センターが同じ建物の敷地内にあります。ベルリンでは、さまざまなタイプの宿泊施設の1人部屋を紹介します。ベルリンの宿泊施設もラドルフツェルの寮も、公共交通のアクセスが良い場所に位置しています。

アパートメント

最も独立性を保てるのは家具付きのアパートメントの予約です。お部屋はもちろん、キッチンとバスルームもひとりで使うことができます。